ホーム » コラーゲン » 薄毛とコラーゲンの関係とは?

薄毛とコラーゲンの関係とは?

薄毛とコラーゲンの関係は、コラーゲンが髪の素になるタンパク質の1種であることに関係しています。コラーゲンは体の30%を占めていて、皮膚の一部である頭皮にも関係しています。真皮の70%はコラーゲンで組織されていて、コラーゲンが皮膚の大部分を支えていると言っても過言ではありません。コラーゲンは頭皮にハリをもたらしてくれます。

頭皮は、柔らかくて保湿性があり、弾力があるのが良い状態です。これによって皮膚の新陳代謝が良くなっているわけで、頭皮が固くなると髪の毛が細くなり、抜け毛が増えてきます。その原因こそがコラーゲン不足によるもので、皮膚の新陳代謝の低下が原因になっています。コラーゲンを摂取すると頭皮のハリが生まれ、新陳代謝がよくなって頭皮の血行がよくなります。血行がよくなると頭皮全体に十分に栄養が行き渡ることになるので、健康的でコシのある髪の毛が生まれます。コラーゲンの伝達物質は、髪に刺激を与えるので、毛乳頭が活性化し、発毛に影響を与えます。コラーゲンが頭髪自体に何らかの影響を与えているのは事実であり、薄毛改善に役立つ成分としても注目されています。

コラーゲンドリンクおすすめ