ホーム » 羊プラセンタ » 羊プラセンタは豚や馬と比べてどんな違いがあるの?

羊プラセンタは豚や馬と比べてどんな違いがあるの?

羊プラセンタは豚や馬と比べてどんな違いがあるのかというと、羊は人間の胎盤に近いアミノ酸組織を持っているという特徴があります。豚や馬と比べて、発疹や赤みなどの拒否反応が起こりにくく、体内への浸透力が高いというメリットがあります。羊プラセンタは、豚プラセンタと比べると、免疫力が高いので、病気にかかりにくい傾向にあります。
薬剤等で汚染されている心配がないことから、胎盤の質が高く、安全性や質の面では高い評価を受けています。しかし、厚労省は狂牛病のリスクを考慮して、羊の胎盤を原料に使用してはならないとの通達を出したことから、羊プラセンタは、国内生産できない状態になっています。そのため、羊プラセンタは、ニュージーランドやスイスからの輸入となっています。羊、豚、馬のプラセンタは、含まれている成分は同じなのですが、馬プラセンタは、羊や豚と比較すると、アミノ酸が豊富です。それゆえ、一番効果が実感できるといわれています。最も効果が期待できるのは、豚や羊ではなく、アミノ酸が豊富な馬プラセンタということになります。

コラーゲンサプリ